新潟市中央区田町にある内科・循環器内科・訪問診療クリニック

お問い合わせ
診療案内
インスタ
アクセス
その他の病気

夜間の熱中症について

新潟市内も暑い日が多くなってきています。夜になって外気温は下がってきても、建物が熱くなっている場合、思ったほど部屋の温度が下がらない場合もあります。また、これからは夜も気温があまり下がらない日も増えてきます。そのため、高齢者の方や高齢者が家にいる方は、夜中もエアコンをつけて寝た方が安全です。27℃設定でもいいともいますので、エアコンをつけて寝てください。電気代もかかりますが、現在、朝具合が悪いと言って脱水症状のような感じで来院される高齢の患者さんがちらほらいます。高齢者の長期入院は認知機能の悪化をもたらすこともあります。エアコンをつけて、肌寒く感じる場合は布団をかけて寝ても全く問題ありません。夏場、寝ている際の熱中症防止のために、夜中ずっとエアコンをつけて寝ることをお勧めします。具合が悪くなって、入院すれば、病院は24時間エアコンが効いていますので、入院してエアコンの中にいるか、自宅で自由に過ごしながらエアコンの中にいるかの違いだけです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

  1. しもまち地区のコロナの発生状況

  2. 風邪を引いた際の元気になる注射

  3. 更年期障害に伴うと考えられる心臓の症状について

PAGE TOP