新潟市中央区田町にある内科・循環器内科・訪問診療クリニック

お問い合わせ
診療案内
インスタ
アクセス
内科の病気

地震と高血圧について

1月1日の能登半島地震、また、1月9日に佐渡沖の地震と震度5を超える大きな地震が新潟市で2回ありました。
地震によるストレス(不安等)等は血圧をあげてしまいます。2004年の中越地震の際、僕はとある病院で当直業務をしていました。中越地震は夕方6時頃に起きましたが、その後、夜中にかけて血圧200mmHg以上になったと言って多くの患者さんが救急外来に来られました。その時の来院された患者さんの血圧は200mmHgを超えていました。中には240mmHgまで上がっていた人もいます。そして大多数の人が高血圧の薬を飲んでいる人でした。薬をちゃんと飲んでいても血圧が大幅に上がっていました。
実際、論文でも地震後、急性、亜急性に高血圧が増加することが示されています。
今後、またいつ地震が起こるかわかりません。血圧が高く降圧剤を内服されている方は確実に内服をしてください。特に危ないのは、高血圧があることをわかっていながら内服せずに放置されている方です。自分は大丈夫と考えず、血圧が高い場合は、内服治療を受けることをお勧めします。自宅近くの内科クリニックであれば高血圧の処方はしてくれます。

関連記事

  1. 検査頻度について

  2. 心臓弁膜症について

  3. 地震と高血圧について

PAGE TOP