新潟市中央区田町にある内科・循環器内科(心臓、高血圧、狭心症、不整脈)・在宅療養支援診療所クリニック

おかむら内科下町クリニック 心臓 岡村和気

院長 岡村和気

新潟市中央区田町1-3239-1
(旧済生会病院、旧済生会新潟内科診療所)
☎︎ 025-226-7712
Fax 025-226-7720

おかむら内科下町クリニック外観

診療時間のご案内

     お知らせ

診療時間のご案内


New コロナウイルス感染者が出ている卓球スクールの方、
もしくは濃厚接触者の方

 

これらの方は、クリニックを受診する前に、下記保健所まで連絡をお願いします。
 新潟市保健所保健管理課

☎︎ 025-212-8194


New コロナウイルスのPCR検査について

3月6日よりコロナウイルスのPCR検査が保険適応になりましたが、当院は検査ができません。もし、感染者との濃厚接触の疑いがあるようでしたら、下記の「帰国者・接触者相談センター」まで電話にてお問い合わせください。

 新潟市保健所保健管理課

☎︎ 025-212-8194


New 当院におけるコロナウイルス対策について

当院ではコロナウイルス対策として、受付、診察室内で、弱酸性次亜塩素酸水を噴霧してウイルス対策をしております。次亜塩素酸水自体は、コロナウイルスには有効とされておりますが、噴霧にてどの程度、効果を発揮できるのかはわかりませんが、クリニック内では加湿器を使った噴霧を行なっております。
ただ、若干塩素の匂いがすることがあります。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。


New 12月から毎週月曜日の夜診療について

例年行なっております毎週月曜日のみ夜8時までの診療を12月〜3月末まで行います。
月曜日のみになりますが、具合の悪い方、インフルエンザワクチンを希望する方等いらっしゃいましたら、来院ください。
隣の薬局も営業をしていますので、薬については、隣の薬局で調剤してもらうことが可能です。よろしくお願いいたします。
なお、12月30日、1月13日、2月24日の月曜日は行いません。ご理解ほど、よろしくお願いいたします。

HP更新情報

 
 一部のブラウザー(safari)にて表示ができないケースがあります。
見られない場合は、
をクリックして確認ください。

診療案内

内科一般

 
風邪、インフルエンザ、花粉症、喘息、貧血などの一般内科の治療を積極的に行っております。胃痛、逆流性食道炎の症状なども積極的に検査、治療を行います。経口・経鼻の胃カメラを両方揃えております。口からの胃カメラはもう絶対にしたくないという患者さんでも、鼻からのカメラで検査中は我慢できるということもございます。
 
発熱、喉の痛み、咳、鼻水、息切れ、ふらつき、、胃痛などの症状がある場合、検査等を行い当院にて治療を行います。また、症状の重症度、検査結果によっては病院への紹介を行っております。
 
 

循環器内科

 
当院では、循環器専門医が詳しく診療を行います。循環器の代表的な疾患である高血圧はもとより、狭心症、急性心筋梗塞などの虚血性心疾患、心房細動、心室性期外収縮、発作性上室性頻拍等の不整脈も治療を行っております。また、ペースメーカーチェックも行っております。大きな病院にて入院治療を受けた後の患者さんも積極的にフォローを行っております。
高血圧につきましても、高齢者の場合、単に血圧を下げればいいということにはなりません。心臓の聴診を行った上で、必要に応じて、心臓超音波検査を行い、心臓にあった降圧剤を使用します。特に動いた時に息切れなどがある患者さんでは、高血圧の薬によっては、症状を悪化させる場合もありますので、薬の選択が非常に重要になります。
また、難治性の高血圧の場合、睡眠時無呼吸が潜んでいる場合も多々あります。その場合は、CPAPなどの治療を行うことにより、血圧の改善が得られる場合もあります。高血圧という現象ではなく、その背後に隠れた原因を探すことも必要になり、背後に隠れた原因を排除できれば、高血圧が非常にコントロールしやすくなる場合もあります。
 

在宅医療

 
当院では、寝たきりやそれに準ずる状態で通院できない患者さんに、往診、訪問診療を行っております。また、末期癌などで、自宅で最後を過ごしたい患者さん、自宅で最後まで看取ってあげたい希望と家族が希望する場合など、当院が訪問診療を行い、看取りまで行うことも可能です。また、最後の最後は病院を希望する場合でも、それまでの間、家で看護・介護をしてあげたいという希望がある場合も、ご相談ください。
 
法律で、クリニックからある一定の範囲内しか訪問診療・往診は行えません。そのため、ご希望に剃れない場合もございます。また、当院における在宅患者さんの数がある一定数を超えると、責任を持って対応できない状態になるため、お断るをせざるを得ない場合もございます。ご理解ほどお願い申し上げます。
なお、院長が3月まで所長をしていた済生会新潟内科診療所では、年間10-20人程度、看取りを行っていました。老人ホームなどがメインでしたが、自宅での看取りもございます。
どうしたらいいかわからない場合等は、ケアマネさんにご相談いただくか、当院へ直接ご家族が相談に来ていただいても対応させていただきます。
ただし、かかりつけ以外の往診はお断りをさせていただいております。また、以前当院にかかりつけだったが、その後、他院へかかりつけを変えた場合も、その後の様子がわからないため、お断りをしています。その時点のかかりつけ医へ往診依頼をお願いいたします。

HP更新情報
 
2019.9.5     New高齢者・超高齢者に対する利尿剤についてを更新しました
2019.8.25   New利尿剤が効かない!!を更新しました
2019.8.25   Newベンゾジアゼピンの依存性について2を更新しました
2019.8.5     New看護師の募集(パート)についてを更新しました
2019.7.19   Newベンゾジアゼピンの依存性についてを更新しました
2019.7.18   New抗不安薬と認知症様症状を更新しました
2019.7.16   New夏場の塩分摂取についてを更新しました
2019.6.23   Newしもまち健康教室ダイエットと便秘を更新しました
2019.4.18   Newしもまち健康教室今年度の予定を更新しました
2019.3.19   Newインターフェロン-γ遊離試験検査(T-スポット)についてを更新しました
2019.3.18   Newゴールデンウィークの診療についてを更新しました